フランス留学の黒崎愛海さん不明事件、チリは容疑者拘束拒否これからどうなる?

 

チリの最高裁がフランス留学中に行方不明になった日本人女性黒崎愛海(くろさきなるみ)さんの殺害容疑者であるニコラス・セペダ・コントレラス(Nicolás Zepeda Contreras)について、フランス当局からの容疑者を拘束する要求を退ける判決を下しました。

チリ裁判所、容疑者拘束認めず 仏の邦人留学生不明事件

この事件はフランスに留学していた黒崎愛海さんが2016年12月4日から行方不明になっているもので、容疑者のニコラスは黒崎さんのかつての交際相手でした。
詳しい情報はネットのあちこちに落ちているので割愛しますが、ニコラス氏が容疑者となっているのは破局後に黒崎さんを罰するという声明ビデオを公開していたことや、その後彼女を追ってフランスに渡り、黒崎さんの滞在していた寮の監視カメラに二人で一緒に写っていたのを最後に黒崎さんが消息を絶っていることなどがあります。

 

現場に血痕が残っていたことや、容疑者の性格などからフランス当局は本件を殺人事件とみて、ニコラス氏の身柄引き渡しのための拘束をチリ側に要求しました。
つまり、犯人が雲隠れしないようにチリで捕まえて閉じ込めておけ、ということを要求したわけです。
しかし、今回の判決でチリの最高裁判所はフランス側が出したニコラス氏を犯人とする証拠が不十分であるとして、(とんずらしないように)拘束までする必要はなく、とりあえず2か月間の出国禁止処分にして国外逃亡を防ぐということにしたのです。

 

容疑者はフランスに引き渡されるのか

 

この判決を見て、日本のネットは「南米最悪!」といくらか荒れているようですね。
今回の判決で頭に来るのももっともなことです。
ニコラス氏が犯人であると思われる動機や証拠類が沢山あるからです。
しかし、チリ側としては「まだ死体も見つかっていないのに」という論調が見受けられます。
つまり、死体が見つからなければ殺人事件とは分からない、どこかで生きてるかもしれない、というわけです。

しかし、この判決に対してフランス政府の代理としてチリの公共省が、判決を変更するよう手続きを開始しているというニュースも出ています。(以下の引用はスペイン語です)

Fiscalía insistirá en detener a sospechoso en desaparición de japonesa pese a fallo de Suprema

El Ministerio Público, a través de un comunicado, informó que recurrirá en contra de la decisión de la Corte Suprema, que este viernes rechazó la solicitud del Gobierno francés de detener a un chileno sospechoso en la desaparición de una japonesa en Francia.

El Ministerio Público, como representante de los intereses del Gobierno de Francia, “buscará revertir esta decisión, para lo cual está preparando un escrito”.

 

ですので、この件は引き渡し拒否で終わったわけでなく、これからもフランス当局や日本政府などの働きかけで状況は変化していくかもしれません。

 

 

不安要素

結局、身柄が引き渡しされない可能性を感じる不安要素もあります。

一つは容疑者のニコラス氏の家族が金持ちであるということです。
ニコラス容疑者は黒崎さんと海外旅行で世界中の国々を回っていたようです。
チリは南米の中でも経済的には良い方ですが、あちこち海外旅行をできるのはかんりお金持ちである可能性があります。
ネット上に出回っている情報ではニコラス容疑者の父親が携帯キャリア王手のモビスタール(Movistar)のチリでの役職持ちだということです。

金持ちが賄賂などで司法を曲げることは考えられないことではありません。

 

もう一つはフランス側がそこまで力を入れて捜査をしない可能性です。
フランスにしてみれば、国内で外国人が外国人に殺されたという事例ですから、自国民が殺された時と同じように捜査してくれるとは限りません。
まして、容疑者は国外逃亡済みなわけです。

今回の判決をもとに、フランス側は「チリが容疑者を引き渡さないから操作が進まない」と主張、チリ側は「フランス側の提供する証拠が不十分」と主張し、結局解決しないまま終了する、なんてことも考えられます。

 

これから新しい証拠が発見されるなどして進展するかもしれませんが、日本側も両政府に協力を依頼する(圧力をかける)などして、解決に向かうようにする必要がありそうですね。
こういう事件が起こると、南米の評判がまた下がってしまうので私は残念です。
願わくば黒崎さんが無事に発見されるといいのですが・・

この事件に関連して、黒崎さんを非難するような声もネットで上がっています。
海外に行くのが悪い、外国人と付き合うのが悪いといった具合です。
私としては色々思うことありますので、別の投稿でそこら辺について触れたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

黒崎さんのTwitter

Instagram(鍵付き)

脱サラしペルーに移住。
仕事と趣味にのんびりと生きる。

投稿者: Jorge

脱サラしペルーに移住。 仕事と趣味にのんびりと生きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。