スーパーマリオランを30分遊んでみた:ワールドツアー編

やっとマリオランの配信開始!

みんな待ちに待ったマリオランの配信、日本時間の深夜2時半ころに開始になったようですね。
私はペルー時間で13時頃に、配信開始より30分程遅れて気づきました。
早速ダウンロードしてみましたよ!

上の画像が開始の最初の画面です。
シンプルに赤とマリオの絵ですね。

 

 

 

タップすると住んでいる国の選択画面があり、任天堂アカウントとの連携の画面が続きます。
私はマリオランに先立ってMiitomoに登録していたので、そこで作ったアバターと連携できました。
名前はMACHUYO、マチュピチュツアーの会社の名前ですが、何とも変なアバターです。

 

案の定のイントロ

さて、続く画面ではピーチ姫からマリオにお城でのパーティーのお誘いが。
これは例のフラグでは・・・

 

案の定、クッパ(英語で遊んでいるのでBowserと表記されます)によってピーチ姫はさらわれてしまいました。
この辺りは様式美。
マリオの定番パターンなので、何とも安心感があります。

 

 

 

ここでチュートリアルに入ります。
タップのみの簡単操作でマリオを色々操ることができます。

意外?だったのが、正面からくるクリボーや一段分の段差はタップによるジャンプなしで、自動的にマリオが乗り越えてくれます。
後、一回やられると(小さいマリオの状態で敵に当たる、穴に落ちるなど)マリオはバブルに入って進行方向逆向きに飛んでいきます。
画面をタップするとバブルが割れて、その場に落ち、そこからゲームを再開することができるという仕組みです。

 

 

ゲームの始まり

 

さて次の画面ではクッパがピーチ姫の城と村を破壊しています。

 

沢山あった建物はなくなってしまい、城があった場所にはつぎはぎのテントが残るだけ。
サインが「Tour」を指差しています。ここからマリオはいつもの横スクロールの冒険に出かけることになります。
タップして土管に入ってみましょう。

 

スーパーマリオランのワールドマップが表示されました。
最初はワールド1-1のおなじみ緑のコースです。
この通常のマリオの横スクロールのゲームをワールドツアーと呼んでいます。
早速タップしてプレイしてみます。

 

ワールドツアー

 

タップすると面の紹介として名前と、そしてピンクのコインが表示されます。
コースは完走すればクリアですが、ピンクのコインを5枚集めることでボーナスがもらえます。

 

 


プレイ中は自動スクロールなので、画面のキャプチャが難しいですね。
ちょうどアクロバットに段差を乗り越えるシーンをキャプチャしました。
画面右にはピンクのコインがあります。
右上に5枚中何枚集めたかが表示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアすると、総獲得コイン数、ピンクコインの獲得数、敵を倒した数が表示されます。
敵を倒す数を稼ぐと、別のページで説明する「キノピオラリー」において、その敵を倒した時に獲得できるコインの数が上乗せされるボーナスがあります。
また、コインは別に解説する街づくりで使用するので、これもたくさん獲得しておいて損はないでしょう。

 

 

面1-2は通例通り、土管の地下面となっています。
壁を伝って下りたり、反対側にジャンプしたりするアクションの練習になります。

 

 

 

さて、1-3までクリアすると、いよいよ次はボス面となります。

しかしなんと、無料で遊べるのはここまで!
ボス面の1-4から先に進むには課金が必要となります。

課金金額は1200円です。
しかし、これ以降は課金の必要な場面はなくなるという公式のアナウンスがあるので、続きを遊びたい人は安心して課金できます。
私も、1200円なら小遣いの範囲なので購入することにしました。
ちなみに1200円が高すぎるという声もあるようですが、アプリは何でも無料で手に入ると思っているんでしょうかね?
日本のソフトウェア軽視の傾向は消費者層にまで浸透しているのかと残念に思います。

課金を終了すると、今までモノクロだった各ワールドのステージがすべてカラーになります。
一気に楽しそうな雰囲気になりますね!

そして、1-4のボスを倒して最初のワールドをクリアしました。
全6ワールドしかないので、単に面をクリアするだけならすぐ終わっちゃうかもしれませんね。

 

 

操作性は良好だが戸惑うことも

とりあえず数十分プレイしてみて、マリオランの操作性について感じたことを書きたいと思います。

・ジャンプのアクションが豊富
タップに割り振られた機能はジャンプしかありません。
それだけに、ジャンプに多彩さがあるのがいいですね。
軽いタップで低めのジャンプ、長めのタップでハイジャンプ、ジャンプ後にもう一回タップするとくるっと回ったり、ジャンプ中に敵を踏むと勢いよく飛び上がったりします。
壁に掴まっているときにジャンプすると、おなじみの三角飛びもできます。
慣れて使いこなせるようになれば、結構思いのままに操作できそうです。

・Bダッシュがない
個人的にはマリオのダッシュが欲しかった。
タップしかコントロールの方法がない以上、不可能なのは分かるけど、ダッシュの爽快さがマリオだったのでさらに早く走れると嬉しい。

・思わぬ方向に飛んでしまうことがある
こればバグがあるという意味ではなく、操作を間違えてしまうという意味です。
例えば、ジャンプして壁のちょうど上限部分にぶつかった時、何もしないとマリオは壁の端から上に登ってくれます。
しかし、うっかりタップしてしまうと、マリオは壁に三角飛びをして反対側に落ちてしまいます。

また、矢印のあるブロック状でジャンプすると矢印の方向に飛ぶのですが、時々矢印が進行方向と反対側に向いているブロックがあり、この上でジャンプすると後ろに飛びます。
これに慣れないと思わぬ動きをしてタイムロスをすることがあります。

これらはプレイしていく内に慣れていくと思います。

 

次の投稿で、ピノキオラリーと王国づくりについても書きたいと思います。

 

 

 

 

 

脱サラしペルーに移住。
仕事と趣味にのんびりと生きる。

投稿者: Jorge

脱サラしペルーに移住。 仕事と趣味にのんびりと生きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。