不適切なサイトを表示しないようにする:Google セーフサーチ編

前回のFirefoxアドオン編に続き、Googleのセーフサーチを利用して、不健全なサイトを表示しないよう検索結果をコントロールします。
Googleの検索画面の右上には歯車マークの設定ボタンがあるので、それをクリックするとプルダウンのリストが開きます。

 

safe-search-01

 

リスト内の「検索オプション」をクリックします。
すると、検索の設定画面が開きます。

 

safe-search-02

 

この画面によるとセーフサーチはすでに有効になっていますが、なっていない場合はチェックボックスをチェックしておきましょう。
すでに有効となっているセーフサーチですが、より効果の強い設定にするにはセーフサーチをロックする必要があります。
「セーフサーチをロック」をクリックしましょう。

 

safe-search-03

 

すると、新しい機能が追加されました、という画面になりますので「同意します」をクリックして先に進んでください。

 

 

safe-search-04

するとセーフサーチ フィルタリング画面に推移します。
セーフサーチをロックすると、セーフサーチが「強」に設定され、不適切なテキストと画像の両方が検索結果に表示されなくなるという旨が説明されます。
この画面の「セーフサーチをロック」をクリックします。

 

 

safe-search-05

 

すると、セーフサーチのロックの設定をすべてのGoogleドメインに適用します。
このプロセスに数分かかるので、終わるまで待ちましょう。

 

 

safe-search-06

 

その後、セーフサーチがロックされたという画面が表示されます。
私の場合は「セーフサーチが部分的にロックされました」と表示され、一部のドメインではロックできなかったようです。
Googleにはいろいろなサービスがあるので、そのいずれかがまだこのセーフサーチのロックに対応していないのでしょう。

 

セーフサーチがちゃんと働いているか試してみます。

safe-search-07

 

不適切なページが検索結果に表示されるであろう単語で検索した結果、そのキーワードが除外されたため、セーフサーチが働いている様子が分かります。
これで、検索結果に不適切なサイトが表示される確率が大きく下がりました。

 

 

 

 

 

 

脱サラしペルーに移住。
仕事と趣味にのんびりと生きる。

投稿者: Jorge

脱サラしペルーに移住。 仕事と趣味にのんびりと生きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。