肌着のシャツはやっぱりGunzeがいい

gunze-01

以前、ワイシャツの中に着るためGunzeの切りっぱなしのインナーシャツを購入したのですが、具合が非常に良かったので買い増すことにしました。
おじさんがどんなインナーを着ていようがしったこっちゃないと思いますが、この商品は非常に良かったので、今後はこれで行こうと思います。

このシャツはグンゼのYGブランドのCUTOFFというシリーズで、袖と襟と裾が切りっぱなしになっており、折り返しがないのでインナーとして使用した際に凸凹がワイシャツに響かないという利点があります。
またカラーもベージュ系で下着の白い色が浮いて見えることもありません。
作りが少しだけタイトなのでダボ付かないのもアウターに響かずいいですね。
写真の手前の薄いベージュが1年ほど着用したもの、後ろが新しく購入したものですが、余りよれったりもせず耐久性も十分です。

ただGunzeのHPを見ると、SEEKというシリーズの中に、このYGよりも高級な完全無縫製のインナーシャツがあります。
しかしお値段¥4800(税抜き)で税込みで五千円を超えるという、インナーにしては超高価。
しかし、肩の継ぎ目と袖の取り付けも縫うことなく、接着処理をしているというかなりのこだわり仕様。
いつか、フォーマルな服の時のインナー用として購入したいものです。

 

gunze-02

これは別の色でブルーグレーを着用したところ。
標準体型で179㎝あるのでLサイズを選択しましたが、ぴったりした感じで、袖は少し広い感じがします。
このカラーはシャンプレーのシャツの下に着ようと思って購入しました。

 

hanes-01

 

これはこのYG CUTOFFを買う前に使っていたHanesのインナーシャツです。
首周りに襟をカバーするメッシュが付いていて、ワイシャツの襟の汚れを防いでくれるという画期的?なモデルで、私は発見した時にこれはすごい!と思ってまとめて1週間分購入しました。
しかし、この襟をカバーする部分がきちんと立ち上がってくれず結局襟は汚れるし、しばらく使ってると購入した5枚全部がねじれてきてしまいました。
生地もよれよれになってしまい、やっぱりMade in JapanのGunzeとは品質の差が歴然です。
今回のCUTOFF購入を機に、全部ボロキレに回すことにしました。

 

私はあまり服の購入や選択に時間をかけたくないので、いいと分かっている物に一回決めたらずっとそれを買い続けたいタイプです。
今後は肌着はGunze YGのCUTOFFに決めた!

 

 

脱サラしペルーに移住。
仕事と趣味にのんびりと生きる。

投稿者: Jorge

脱サラしペルーに移住。 仕事と趣味にのんびりと生きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。