発表されたiPhone7に興奮と迷いを覚える

tashumi-iphone7

 

 

iPhone7ついに発表

2016年9月7日に新しいiPhone7が発表され、大きな話題を集めました。
目玉となるような大きなアップデートはなかったものの、堅実なスペックアップと新色の登場でやはり大注目されたと言っていい感じです。

私自身はiPhone5からずっと新機種を買わずに頑張ってきたので、そろそろ買い替えをしたいところ。
しかし、今回のiPhone7は見送ることになるかもしれません。
個人的に良かったところと、残念だったところをまとめてみました。

デザインの向上とデュアルカメラが良い!

iPhone7の個人的に良かった点のまず第一番目はデザインの向上です。
といっても、見た目はほとんど前のiPhone6,6sと変わりませんが、6,6sではアンテナ性能のために背面にD字型の模様が入っていたのが、iPhone7ではすっきりとした見た目に変更されました。
小さな違いですが、6,6sのD字が非常に残念に感じていたので、今回の変更はGoodです。

新しい色もいいですね。
スペースグレーというちょっと微妙な色がなくなって、シンプルにブラック、そして注目のジェットブラックが加わったわけです。ジェットブラックが非常に注目されていますが、同時に傷がつきやすいという欠点も報告されていますね。
傷が気になる人はカバーを付けてくださいとのことですが、そうすると新色の意味がないという突っ込みもネット上で見られます。

しかし、個人的に気になるのはジェットブラックではなく、マットな質感のブラックの方。
仕事で写真を撮る機会が多いですが、所有しているミラーレスカメラをいつでも持ち運んでいるわけではなく、iPhoneで撮影した写真を使うこともしばしば。
ですから、iPhoneも写真撮影に適した、反射や映り込みのないマットなブラックだと写真撮影に有利でしょう。
といっても、結局カバーを装着しちゃうので、本体の色はそんなに関係ないかもしれないですが・・・

あと、よかったのは7 plusの方のデュアル・カメラですね。
焦点距離の異なる2つのカメラが搭載されていて、切り替えればちょっとだけ望遠で撮影できるということです。
公式ではこれを「ズーム」と表現して、ネットユーザーから突っ込みを受けているようですが、まぁそれは一般の人に伝わればいいのではないかと私は思っています。これで、iPhoneによる撮影でも、少し対象物に寄った撮影ができるようになりますね。

後は防水ですね。
規格上は防水性能が上のはずのGalaxy S7よりiPhone7の方が防水性に優れているというレポートもでており、これは期待できます。

 

USB Type-Cの不採用はいただけない!

逆にiPhone7の気に入らない点もいくつか。

まず、かなり話題になっているイヤホン・ジャックの廃止です。
私としては、穴やコネクタが減った方がすっきりするし、防水の観点からもいいと思いますが、それでも不便は不便です。
私はBluetoothのイヤホンを持っていないですし、Bluetoothだと音質が悪いとか、電池が持たないとかいろいろ煩わしくなる要素が増えます。
アップル公式のBluetoothイヤホンであるAirPodsはかっこいいのかダサいのかピンときませんが、それ以前にインナーイヤー式でないため、落下が怖くて私は使えません。
iPhone付属のイヤホン用アダプタを利用して、今持っているイヤホンをとりあえず使用するしかなさそうですね。

あと、もしBluetoothのイヤホンを買うならこれがいいな、というモデルも発見。

iPhone 7予約の音楽好きに新たな選択肢。オンキヨー、耳栓型完全無線イヤホン「W800BT」10月初旬発売

 

なにより、iPhone7で気になったのはUSB Type-Cを採用せず、Lightningコネクタが続投している点です。
Lightningコネクタは使っている最初のうちはいいのですが、接点が剥き出しの設計なのでだんだん接触が悪くなってきます。
強度も不安な感じですし、そもそもアップルのみ採用の独自企画です。

USB Type-CはMacbookでこの端子一個のみを搭載し話題を呼びましたが、今では他のメーカーのスマートフォンやノートパソコンでも採用され始めています。
私は次世代のMacbook Proの購入を検討していますが、恐らく次のMacbook ProでもUSB Type-Cが採用されるでしょう。
なので、今回のiPhone7にUSB Type-Cが搭載されなかったのは非常に残念です。
恐らく、iPhoneの10周年モデルとなる来年のモデルに搭載されるのでしょうね。
色々な端子が混在すると、各種ケーブルを持ち歩かないといけなくなるので、できれば全部USB Type-Cに統一していただきたいところです。

 

アメリカで買うか、日本で買うか

私はペルー在住ですが、ペルーではアップル製品の値段はアメリカの3から4割増しくらいに高いので、ペルーで買うという選択肢はあり得ません。
(過去にiPhone5とiPadをペルーで購入して後悔しています)

ですから、日本に帰国がてら、乗り換えのアメリカで購入するか、日本で購入するかのどちらかになります。

ここで気になるのは、日本のiPhone7は「ガラパゴス仕様」で、アメリカ(その他の国)のiPhone7と異なっているのではないかという噂です。
というのは、iPhone7の仕様を国別に見てみると、日本の仕様表にだけFeliCaの文字があるからです。

ペルーに住んでいる限り、FeliCaを使用することがないのでどうでもいいのですが、日本に帰国した時くらいはタッチで決済とか改札を通ったりとかしたくなるかもしれません。
だったら日本で買えばいいのか、というと別の点が気になります。

日本のiPhoneはカメラ使用時にシャッター音を消すことができません。
盗撮防止のためと言いますが、国民全員が盗撮魔と疑われているようで納得がいかないですね。
そもそも、私のミラーレスカメラはシャッター音が鳴ってしまうため、静かにしていないといけない場所での撮影にこそiPhoneを使用したいと思っています。
ですから、やはりFeliCaをあきらめて、シャッター音を消すことのできるアメリカのiPhoneを購入した方がいいかなと思っています。

 

結局、今回は見送る

今使っているiPhone5の電池もへたってきているので、すぐにでも買い替えたいのですが、色々考え結局iPhone7の購入は見送ることにしました。
実のところ、来年の9月以降くらいに日本に帰国しようかと検討しているため、そのタイミングになるとiPhone8の発売が考えられるからです。

今回取り上げたiPhone7の欠点が(実質USB Type-Cだけ)iPhone8では改善されていることを期待します。

毎年買い替えることができるくらいの財力があるといいのだけど・・

 

 

 

脱サラしペルーに移住。
仕事と趣味にのんびりと生きる。

投稿者: Jorge

脱サラしペルーに移住。 仕事と趣味にのんびりと生きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。